おたふく風邪の予防接種、どうしますか?

ある日、産休中のママさんにこんな質問をされました。

お子さんにおたふく風邪の予防接種しましたか?

赤ちゃんに注射をするイラスト

ちょうどその年、例年以上におたふく風邪の感染が広がっていて、どうしようか悩んでいたそうです。

スポンサーリンク

おたふく風邪の予防接種は自治体の補助がない?

予防接種には様々な種類がありますが、お住まいの自治体によって費用を負担してもらえるものが異なります。その中でもおたふく風邪、水ぼうそう、インフルエンザなどの予防接種は、自治体の費用負担がなく実費で受ける必要がある場合がほとんどではないか思います。(詳しくはお住まいの自治体にお問い合わせください。)

公費で受けられる予防接種は、推奨時期が来ると自治体から通知が届きます。一番最初の予防接種の時にかかりつけの小児科に行くと、そのお子さんの予防接種のスケジュールを立ててくださると思います。

実費が必要な予防接種については、保護者の希望でスケジュールに追加していく形になります。

この「保護者の希望」が何を基準に決めば良いのか非常に悩みます。もちろん公費で受けられないので金銭的なこともありますが、お子さんのためにどうしたらよいのかを決めかねておられるママさんに私の経験談をお話したいと思います。


ちなみに公費で受けられる予防接種についても「義務」ではありませんので受けなくても良いのですが、通常はお子さんの健康状態に問題などがなければ受けますよね。この件について詳しくは、Syufeelさん「予防接種に効果・義務はある?子供が接種を受ける推奨期間とは」でまとめてくださっています。ご参考になさってください。

うちの子は・・・

インフルエンザの予防接種は毎年打たなければいけないので、その話は別にしまして、今回は一生のうちに一度かかれば二度とならないと言われている、おたふく風邪と水ぼうそうの予防接種の話をしたいと思います。

上の子供2人については、「予防接種するより実際におたふく風邪や水ぼうそうになった方がしっかりと免疫がつく」と先輩ママから聞いていたので、それらの予防接種は受けませんでした。

ただ、おたふく風邪は大人になってからかかると人によっては、40度を超える高熱が出て重症化し、場合によっては生殖器に障害を受けるなどの深刻な状態になる可能性があるそうです。ですので、小学校入学までにならなかったら予防接種をした方が良いとのアドバイスを受けました。(これも先輩ママさんからです。)

ちなみに先輩ママさんのアドバイスに根拠があるかどうかは不明です。(←すいません)

それで、どうなった?

長男4歳、長女2歳の時にちょうど幼稚園で水ぼうそうが流行しました。まずは長男が感染。4歳だったので体力もそこそこできていたためかどうかわかりませんが、多少の熱と全身にブツブツができた程度で機嫌が悪くなることもなく、ただ自宅待機の期間が長いということだけが難でした。

その後、間もなくして、長女も水ぼうそうになりました。これが、かわいそうなくらい全身のブツブツがひどくて、熱も高く、機嫌はかなり悪い状態でした。ほんとに同じウィルスか?というくらい悲惨でした(泣)。

その時に同時にかかった同じ幼稚園のお子さんは予防接種をしていたので、1歳~2歳の子でしたがブツブツが2、3個できたくらいで熱も微熱で済んだそうです。

たしかにしっかりと免疫はできたと思いますが、ブツブツの痕も残ってしまい、娘にはかわいそうなことをしたと思いました。予防接種しなかったことを後悔しています。


おたふく風邪は、結局2人とも小学校に入るまでならなかったので、そのタイミングで実費で予防接種をしました。ちなみに13歳と11歳になった現在もまだおたふく風邪にはなっていません。

上の子の教訓から末っ娘は・・・

末っ娘は、上の子の教訓+生後数か月から私が仕事に行くことになっていたので、長期に休めないということもあり、1歳になってすぐにおたふく風邪と水ぼうそうの予防接種を受けました。(ともに1歳以上で受けられます。)

その後、2歳の時に保育園で水ぼうそうがはやりましたが、ブツブツが数個できただけでした。念のために小児科に行きましたが、「おそらく水ぼうそうだと思いますが、断定はできませんね」と言われるほど軽症でした(笑)

おたふく風邪については、5歳の今までまだかかっていません。

結局、予防接種はどうする?

個人的な考え方になるかもしれませんが、私の子供の体験や小児科の先生のお話を聞く中で働くママさんならば、長期にお仕事を休めないこと、保育園での感染リスクが高いことを考えて、おたふく風邪や水ぼうそうの予防接種はした方が良いのではないかと思います。

また、お子さんによっては重症化して大変な思いをしなくてはいけない場合もありますので、実際にうちの末っ娘を見ていると予防接種をしてあげてよかったなと感じています。

もちろん、予防接種は実費ですので、そのあたりも勘案されてご参考にしてくださいね。ちなみに私の住んでいる自治体では、数年前から水ぼうそうの予防接種は公費で受けられるようになりました。(もう少し早ければうちの子も間に合ったのになぁ。)

お住まいの自治体やかかりつけの小児科の先生にご相談されるとアドバイスももらえると思います。最後は保護者の判断になりますが、納得のいく選択をされてくださいね。

注射のイラスト

スポンサーリンク