筍の料理の前に!筍の灰汁き

筍の料理をする前に、筍の灰汁抜きが必要ですね。

母に教わった筍の灰汁抜きの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

材料

  • ぬか(または米のとぎ汁 なければ生米ひとつかみ)

作り方

  1. 筍の汚れをさっと洗い、皮を2・3枚はがして、筍の先端を斜めに切り落とす
  2. 皮ごと縦半分に切る
  3. 大きめの鍋に水を入れ、筍とぬかを入れて火にかける
    ぬかがない場合は、米のとぎ汁かそれもなければ、お米をお茶パックに一掴み入れればOK。
  4. 沸騰したら中火にして、小さいものであれば15分ほど茹でる(竹串で刺してずっと通ればOK)
  5. そのまま冷ます
    (ここで冷めるまで触らないのがポイント!)
  6. 皮をはがし、筍を洗って、お料理にどうぞ♪

すぐにお料理しない場合は、筍をボールに入れ、筍がかぶるように水を入れて冷蔵庫で保存すると良いです。(毎日水を替えてください。)

母が言うには、お湯が冷めるときに灰汁が抜けるそうなので、常温になるまで放置するのが大事だそうですよ!

灰汁抜きした筍の画像

穂先はお刺身や汁物に、真ん中は筍ご飯に、根本は煮物になど、色々作ってくださいね。

以下は筍を使った簡単レシピです。合わせてどうぞ!

スポンサーリンク