小学生の夏休み、留守番できる?

小学生の夏休み、共働き家庭はどうする?」では、小学生の夏休みについて共働きのご家庭でどうさてれいるのかをご紹介しました。

実際に夏休みがくると、本当に本当に大変なんですよね。そんな大変な思いをされているママさんにちょっとだけ安心していただけるといいなと思い、今回の記事では我が家の中1・小5になった子供のことをご紹介します。

スポンサーリンク

夏休みは超大変!

小学生の夏休み、働くママにとって超大変な時期です。

低学年のうちは学童保育などがあり、子供を預かってもらえますが(それでも毎日お弁当がいるので大変なのですが)、そのうちそういったところに行かなくなり、お留守番をするようになると子供は朝から家でのんびりダラダラ・・・。それだけでストレスが溜まります。

自分はと言えば、朝ごはんと一緒に子供の昼ごはんの準備をして、「宿題しないさいよ!プール行くなら一人で行っちゃだめよ!自転車乗るなら車に気を付けて!」とか朝からまくしたてるように子供に言いながら仕事へ出かけます。

仕事中も子供のことが気になって、携帯に着信がないかなどついついチェックしてしまいます。

帰宅後は帰宅後で、子供が食べ散らかしたお昼ごはんやお菓子の片付け、ベタベタの水着もそのまま置いてあるし、家の中はおもちゃやマンガで散乱。はぁぁ~

うちは上と真ん中の子が2歳違いなので、二人でお留守番。ケンカもするし、時には結託して悪いこともするのでやれやれな毎日です。

私は毎年夏休みになると、半分ノイローゼ気味になり、冷蔵庫を開けて「わ~」と大声で叫ぶこともしばしばでした(泣)。学校って本当にありがたいなと痛感します。(きっと、どこのママさんも同じですよね。)

我が家の転機

それでも、毎年少しずつは子供も成長するもので、長男が中1、真ん中が小5になった年の夏休みに、大きくストレスが軽減された気がします。(ちなみに末っ子は保育園なので、夏休みはありません。)

中学生になると部活があり、ほとんど毎日学校へ行きます。(午前か午後かの半日ですが。)

それでも昼食は用意しておかなくてはいけません。でも、二人とも簡単な料理ならできるようになってきているので、しっかりと「お弁当」を作らなくても、前の日の残りのカレーなどでもよくなってきて、以前よりもかなり楽になりました。そして洗い物まで終わらせてくれるようになりました。

特に成長を感じたのが、二人ともグンと背が伸びてきたんですが、特に真ん中の娘が今まで背が低くて届かなかった洗濯物の取り入れをすべてひとりでやってくれるようになったんです。私が帰ってきたときにはタンスに収納してくれています。

その他にもトイレ、お風呂、洗面所掃除を二人で分担してくれています。(これは学校から「夏休み中のお手伝い」の宿題が出るのですが、数年前から内容を固定しています。そのうちお掃除も上手になってきました!)うちは夫が家事を一切しないので、子供たちが手伝ってくれて本当に助かります。

なぜこの年に激変したかはわからないですが、この夏は冷蔵庫へのお叫びは一度もなしでした(笑)

ママ、がんばって!!

小学生の夏休み、一人で留守番できるかなと心配だったり、毎日バタバタ、子供はグズグズだったり・・・と先が見えずに本当に大変だと思います。

でもいつかきっと、時期はお子さんによって違うかもしれませんが、忙しいママさんをお子さんが助けてくれる日がくると思うので、それまでファイトですよ!!

子供が小さい時に「しんどい」と愚痴をこぼした時、母が「子供は毎日成長してるよ、少しずつ楽になるから。そしてそのうちあなたを助けてくれるよ。」と言っていました。その時が来たのかなぁとちょっと嬉しく思っています。

今大変なママさんも、来年の夏は今年よりはお子さんも成長していますから、長い目で見て、なんとかこの夏を乗り切られることをお祈りしています!


以下の記事も小学生のお子さんをお持ちの働くママさんへおすすめの記事です。合わせてご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク