牛そぼろのレシピ!丼にもお弁当にも、サラダにも!

牛そぼろのレシピをご紹介します。そぼろ丼にしたり、そぼろ弁当にするのがおすすめです♪

ひき肉なので、お肉を噛み切りにくいお子さんでも食べやすいですよ。

スポンサーリンク

材料

  • 牛ひき肉・・・100g程度
  • しょうゆ・・・大さじ2
  • 砂糖・・・・・大さじ2弱
  • 酒・・・・・・大さじ1

作り方

  1. フライパンを熱し、牛ひき肉の塊をつぶしながらバラバラになるように炒める
    (お肉から油が出るので油はひきません)
    ひき肉を炒める画像ちなみに、私はCOOP商品の冷凍ひき肉を冷凍庫に常備しているので、凍ったままフライパンに必要な分だけ投入します。商品はこんな感じです。
    COOP商品冷凍ひき肉の画像
  2. ひき肉にほぼ火が通ったら調味料を加え、混ぜながら味が絡むまで(1分ほど)軽く煮詰める
    ひき肉を炒めて調味料とからめる画像
  3. あつあつのご飯の上にのせれば、そぼろ丼の出来上がり♪
    そぼろ丼の画像

忙しい時はさらに簡単に♪

お肉に火が通ったら、市販の「すき焼きのタレ」を回し入れ、お酒を少し加えてもおいしくできます。

時間のないときに助かります♪

そぼろのレシピいろいろ・・・

こんなに超簡単な、そぼろのレシピ。丼やお弁当がおすすめですが、うちではレタスなどのお野菜でそぼろを包み、サラダ風にすることもあります。

そぼろサラダの画像

ちなみにこの日は父の日で、小6の娘がこのそぼろサラダを作ってくれました♪パパも満足げです(ハート)。

余裕があれば二色丼に♪

卵にだし醤油を入れて、フライパンでいり卵を作れば、ささっと二色丼に。

菜箸を4~5本束ねて、いり卵を作れば細かくきれいになりますが、うちはあえてざっくり大きくしています。

いり卵の画像

少しでも早く作りたいという理由もあるのですが、あまり細かい卵だと子供がボロボロこぼすのでこんな感じでさっくりと(笑)。

いり卵完成の画像

そして、調味料はこれを使っています。(どんなだし醤油でもOKです。)

だしつゆの画像

分量は、卵2個にだし醤油大さじ1弱くらい(いつも適当です)で、ちょっと濃い目にした方がご飯に合います。

二色そぼろ丼の画像


忙しい日の夕食にそぼろ丼を作ることが多いのですが、みんなのお気に入りなので誰も文句を言いません(バンザーイ)。

ただ、子供はそぼろをボロボロとこぼしやすいので、床に新聞をひくとか、ハンドタオルエプロンをしてエプロンの上にそぼろ丼を乗せるとか(笑)、ちょとの工夫をして後片付けのイライラを減らしています。

スポンサーリンク