保育園探しに便利なチャートを作ってみました!

保育園を利用したい場合、保護者の就労状態やお子さんの年齢などにより、利用できる施設が異なります。

詳細は以下の関連記事でまとめています。

でも、やっぱり複雑なんです(泣)
そこで、利用できる保育施設の種類がわかる「YES・NOチャート」を作ってみました!

保育園探しの前にぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

利用できる保育施設を探してみよう

以下のチャートにあてはめて、利用できる保育施設を探してみてくださいね。

YES・NOチャート

1号認定の場合、満3歳以上のお子さんが利用できますが、施設によっては未満児として1歳下の学年頃から受け入れているところもあります。(料金などは施設ごとの設定となります。)

これからお仕事をしようと思われているママさんは、希望する勤務形態がどのようになるかも考えて保育園探しをされると良いですね。

 待機児童問題について

保育園激戦区などでは、上記のフローチャートで本来は左下の「認可保育園」を利用できるにも関わらず受け入れ施設がないために、やむなくチャート右下にある「認可外保育園」などを利用せざるを得ない方が多くいらっしゃいます。

認可外保育園はたいていの場合、国や自治体の補助が出ていないので利用料が高くなるため、認可保育園への入所を希望する方が多いのですが、毎年この人数がオーバーフローしているというのが待機児童問題です。

そのため認定こども園など、認可保育園と同じ条件で保育ができる施設も増えてきていますが、それでも足りないというのが現状です。

保育料の問題や受け入れ施設のなさから保育園をあきらめて離職する方もいらっしゃいますから、対策が急がれます。


特に待機児童が多いのは、保育認定・3号認定の満3歳未満のお子さんです。政府としてもこの保育認定・3号認定(3歳未満)の保育施設(サービス)の拡大を図ろうとされています。

私の住んでいる自治体は幸い待機児童はゼロです。しかし、実情は兄弟で同じ保育園に入れずに遠く離れた保育園に送迎し、心身崩壊寸前だと言われているママさんもいらっしゃいました。

自治体によって課題は色々だと思いますが、少しでも問題が改善されるよう強く願います。

利用できる保育施設の種類がわかったら

利用できる保育施設の種類がわかったら、具体的にどんな施設があるのか調べましょう。まずは、「子育て支援課」などの子育てを担当する部署へお問い合わせされるのが一番だと思います。

お住まいの自治体が待機児童ゼロでも、とにかく早めに(妊娠中から)調べておくことをおすすめします。ママ友達などの情報も機会があれば、聞いておくとよいですね。


まずは、自宅か職場の近くを中心に探してみてください。そして、見学もされることもおすすめします。

ちなみにママ友情報はありがたいのですが、時には主観も入りますから(笑)、参考にしつつお子さんの性格や親御さんの想いを大切にして選ばれると良いと思います。(←色々痛い目にあった教訓です(笑))

また、希望の保育園に入れない場合も考えて、認可外保育園の情報も確認しておくといいですね。お住まいの地域にどんな認可外保育園があるかは、お住まいの自治体で教えてもらえると思います。(保育条件などは個別に施設への確認になります。)

幼稚園、認定こども園、認可外保育園の託児所などで一時預かりをしてくれるところもあります。

産休中であっても急な用事などでどうしてもお子さんを預けなければいけないことも出てくると思いますので、そういった意味でもあらかじめ調べておくと安心です♪

保育施設の申し込み先と時期は

私の住んでいる自治体では、保育認定希望(2号・3号認定)の場合は、入園する前の年の10月ごろに自治体へ申請を行います。書類には、保育が必要な事由と希望の施設名も記入しますが、希望通りになる確約はありません。

もし定員オーバーで希望の保育園に入れない場合は、自治体の窓口で他の保育施設(近隣の空きのある認可保育園や認定こども園など)を紹介してくれます。

年度途中に入園される場合は、お住まいの環境にもよると思いますが、空きがなく困難なところもあるようです。(私の住んでいるところはそうです)


教育標準時間認定(1号認定)の場合は、希望の施設へ直接申し込みをすることになっています。(幼稚園や認定こども園で内定後、施設を通じて自治体へ認定要請します。)

お子さんの出産時期なども考慮して、早めに準備されることをおすすめします。

まとめ

お住まいの自治体によって保育園の空き状況などは変わってきますが、まずは冒頭のチャートでお子さんがどの保育施設を利用できるかを知っておくと、自治体の担当の方とお話する時もわかりやすいと思います。

保育園探しは本当に大変なことだと私自身、身をもって感じています。政府の政策などが一層進み、働くママの笑顔がたくさん見れるようになることを願っています。

(作成:2016.3.25)

先生と園児のイラスト

~関連記事~

保育園の種類について
働くママにとって保育園探しは、とても大切な問題です。でも、ひとくちに「保育園」と言ってもいろんな種類があるのでわかりにくいですよね。そこで、保育園の種類についてまとめてみました。
「支給認定」とは ~子ども・子育て支援新制度~
平成27年4月から本格的に始まった「子ども・子育て支援新制度」。そこで定められている「支給認定」についてまとめてみました。
認定こども園について
認定こども園についてまとめました。私の友人は認可保育園を利用せず、あえて認定こども園を利用しています。制度をよく理解すると、保育選びの選択肢の幅が広がるかも?
働くママの幼稚園という選択
うちの上の子は幼稚園に通っていましたが、幼稚園にも働くママがたくさんいました。深刻な待機児童問題ですが、働くママさんに「幼稚園」という選択もあるかもしれないと思い、私の体験をまとめました。
スポンサーリンク