保育園でもあります!保護者会役員決め

保育園では、たいてい保護者会があります。保育園でなくとも、幼稚園、小学校、中学校、高校などでも同じです。

保護者会の役員は、たいてい一年任期。毎年春にはママさんの同士で「今年の役員は誰がするのかな」と話題になります。

子供がお世話になっている園や学校ですから、進んで保護者会役員をしたい気持ちはありますが、仕事と家事に追われる中、そうも言っていられないのが現実。

園や学校によって役員の決め方は色々ですが、私が経験してきた4つの園と学校での保護者会の役員決めについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

そもそも保護者会役員とは

お子さんのクラスごとに数人(2~4人程度)の保護者会役員を一年任期で選出します。この保護者会役員になると、例えば資源回収のお手伝いをしたり、運動会の運営をお手伝いしたり、レクリエーションなどのイベントを企画したり、というようなお仕事をします。

このお仕事の内容は園や学校で異なります。

また、役員は父親、母親どちらでも構わないのですが、幼稚園の場合はほとんどママさんがされています。保育園や学校も一部はパパさんですが、ママさんが活動に参加される方が多いようです。

また、保護者会役員に選出されると、役員会が定期的にあります。幼稚園は平日昼間、その他は平日の夜に行われていました。

そして役員さんの中から、会長、副会長、会計などを選出することになります。(だいたい最高学年の保護者がなられます。)

また、園や学校によっては、会長などを設けず、このクラスごとの役員さんをまとめて、いろんな行事の運営などを行う執行部のような組織がある場合もあります。(くわしくは、「子供のくじ引きによる保護者会役員決め」をご覧ください。)

保護者会役員決めの方法

それぞれの園や学校で保護者会役員決めの方法は異なりますが、うちの子がお世話になった園と学校では、3つの方法がありました。

  1. 投票による保護者会役員決め
  2. 話し合いによる保護者会役員決め
  3. 子供のくじ引きによる保護者会役員決め

それぞれの決め方について詳しくご説明します。

投票による保護者会役員決め

クラスごとに子供の名簿が記載されたプリントを配布され、保護者が役員になってほしい人の名前に○をつけます。

こんな感じです。

役員決めの名簿の画像-1

結果を園や学校で集計し、人数が多かった保護者に「役員選出のお知らせ」のお便りが届きます。

どうしても役員をできない事情があるときは、先生と相談します。

この方法だと親御さんを知らないことが多いので適当に○を付けなくてはならず、もうさっぱりわからない場合は、名簿の一番上、とかという選出方法になってしまいます(汗)。

園や学校によっては、以下のように工夫されているところもあります。

役員決めの名簿の画像-2

話し合いによる保護者会役員決め

参観日などの後にクラス懇談会を設け、担任の先生のお話の後に、保護者会役員決めの場を設ける場合があります。

まずは、そこで立候補を募ります。たいていはお子さん一人に1回役員をすれば良いので、低学年のうちに立候補しておく方もいらっしゃいます。

話し合いで決まらなければ、ジャンケンやくじなどで決めることになります。

このクラス懇談会に欠席した人は基本的に除外される(場合によっては強制的に役員にされることもあるかも)なので、不公平感があるのは否めません。

子供のくじ引きによる保護者会役員決め

実はうちの子の小学校では、数年前までは「話し合いによる保護者会役員決め」でした。この小学校は特殊な役員体系をとっています。

まず、保護者会には4つの委員会があります。全保護者がこの中の何かの委員会に必ず属することになっています。(一年ごとに変わります。)

そして、委員会を取りまとめるための執行部が、保護者会役員とは別にあります。(任期は子供が卒業するまで)

春になると、まずどの委員会が良いか第3希望まで書いて提出します。

その希望をもとに執行部の方が保護者全員を各委員会に振り分けてくださいます。この中からリーダーを一人選出します。これが保護者会役員になります。(=クラスに4人の保護者会役員がいます。)

以前は、クラス懇談会の後に、この委員会ごとに集まって、誰がリーダーをするかの話し合いをしていました。

なかなか決まらず困っていたのですが、数年前からシステムが変わりました。


新システムでは、執行部の方が各委員会にメンバーを振り分ける時点で、担任の先生にご協力いただいて子供全員にくじ引きをしてもらいます。

各委員会のメンバーの中でまずは立候補を聞いて、立候補者がいなければ、このくじの番号が早いお子さんの保護者がリーダー(役員)になります。ただし、そのお子さんで過去にリーダーをしていた場合は免除されます。

半強制的ではありますが、この方法になってからは春の保護者会役員決めもスムーズになり、子供が引いたくじなので、文句も言えず(笑)、みなさんそれなりに納得しているようです。

ちなみに私も今年は真ん中の娘がくじで「1番」を引いてきたので、めでたく?当選です(汗)。

くじ引きのイラスト

最後に

今回ご紹介したのは、私が経験してきた内容なので、お子さんの園や学校では違うルールになっているかもしれませんが、参考までにしていただけたらと思います。

実は、私の長男と長女は、幼稚園にお世話になっていました

長男が入園した最初の年に保護者会役員決めでなかなか役員が決まらず、困った担任の先生を見かねて、役員をしたことがあります。

幼稚園は基本的に働いていないママさんが多く、行事もたくさんありました。運動会に至っては企画から司会・進行まで保護者会でやらなければならず、なんども役員会をしたりしました。

役員同士のトラブルも少なからずありました(泣)。

でも、子供の園生活を間近で見られたのは良かったと思っています。

その後、小学校や末っ娘が保育園でお世話になるようになり、役員も何度かやりましたが、小学校や保育園には共働きの方が多いので、役員の負担はとても少なかったです。

働くママさんは毎日忙しいので、もし役員になったらどうしよう、と思っておられるかもしれません。

でも、心配はいらないと思います。

先生と普段できないお話をしたり、行事に参加して子供の様子を見られることもあります。子供も「ママが役員さん」というのはちょっとうれしいみたいです。

私も今年は6年生の娘の役員。当たったものはやるしかないので(笑)、せっかくなので新しいママ友もたくさん作れたらいいなとプラス思考でやっていこうと思っています。

~関連リンク~

スポンサーリンク