保育園の種類について

働くママにとって保育園探しは、とても大切な問題です。

でも、ひとくちに「保育園」と言ってもいろんな種類があってよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

保育園の種類についてまとめてみました。

スポンサーリンク

保育園の種類

保育園は、大きく分けて認可保育園認定こども園認可外保育園に分類されます。

(実際の分類上では、認可保育園と認可外保育園の2つに大別されますが、内閣府の子ども・子育て支援新制度により今後、認定こども園が増えてくると思われますので、この記事では認定こども園を一つの分類としています。)

認可保育園

児童福祉法に基づく児童福祉施設で、国が定めた設置基準(建物の広さ、園児一人当たりの職員の人数、給食室や園内外の施設などの基準)を満たし、都道府県知事の認可を受けている保育施設です。(入所受付、利用料(保育料)などは自治体で一括管理しています。)

認可保育園には以下のようなものがあります。

  • 公立保育園(職員は公務員)
  • 私立保育園(社会福祉法人や民間会社などが運営)

認定こども園

国の基準に基づき、都道府県や自治体が条例を定め、知事が認定した施設で、自治体が窓口となって管理しています。

保護者の勤労にかかわらず利用できます。また施設を日常的に利用していなくても子育て支援のために相談や親子の集いの場なども提供しています。

入所条件や利用料などは認定保育園と同じになります。

詳しくは以下の記事にまとめています。

認可外保育園

児童福祉法上の保育園(法律上は保育所)に該当しない保育施設です。簡単に言うと、認可保育園、認定こども園以外の保育施設のことです。

例えば、ビルの中にあるため規定の広さがない、給食室がない、などのように「設置基準」を満たしていない場合や、親の勤務が常態化していない場合でも対応してくれる施設であるため、認可外ということになります。24時間お子さんを預かるようなサービスを行っている施設もあります。

料金は認可保育園に比べて、補助がないために高くなる場合が多いようです。(自治体で個別の補助を行っている場合もあります。)

認可外保育園にはおもに以下のようなものがあります。問い合わせなどの窓口はそれぞれの施設となります。

  • 託児所
  • 事業内(従業員の子供用)の保育所
  • 病院内保育所
  • ベビーホテル
  • 駅型保育園(JR東日本のホームページへ移動します)
  • 家庭内保育(保育ママ)など

上記の施設でも認可保育園になっている場合もあります。

また保育園激戦区では、自治体が独自の基準に基づき認可している施設もあります。名称は各自治体で異なりますが、認可外保育園の分類になります。(管理は自治体が行っています。)

  • 東京都・・・認証保育所(東京都福祉保健局のホームページへ移動します)
  • 神奈川県・・・川崎認定保育園(川崎市のホームページへ移動します)

まとめ

以前までは保護者が働いている=公立保育園に預けるというイメージでしたが、国や自治体の待機児童対策や子育て支援対策として認可保育園、認定こども園が増え、保育園の選択肢の幅が広がっています。

これらの施設は自治体が入所条件や受付、利用料などを一括で管理しています。ご自身の勤務状況やご家庭の状況などで利用できる保育園が異なってきますので、まずはお住まいの自治体の「子育て支援課」など子育てを担当する部署に、空き状況も含めてお問い合わせしてしてみると良いと思います。

(作成:2016.3.21)

赤ちゃんを抱っこしているイラスト

~関連記事~

認定こども園について
認定こども園についてまとめました。私の友人は認可保育園を利用せず、あえて認定こども園を利用しています。制度をよく理解すると、保育選びの選択肢の幅が広がるかも?
「支給認定」とは ~子ども・子育て支援新制度~
平成27年4月から本格的に始まった「子ども・子育て支援新制度」。そこで定められている「支給認定」についてまとめてみました。
保育園探しに便利なチャートを作ってみました!
保育園探しを始める前にチェック!保育園を利用したい場合、保護者の就労状態やお子さんの年齢などにより、利用できる施設が異なります。利用できる保育園の種類がわかる「YES・NOチャート」を作ってみました。
働くママの幼稚園という選択
うちの上の子は幼稚園に通っていましたが、幼稚園にも働くママがたくさんいました。深刻な待機児童問題ですが、働くママさんに「幼稚園」という選択もあるかもしれないと思い、私の体験をまとめました。
スポンサーリンク