子供のお手伝い、やる気満々大作戦!

子供のお手伝い、意外となんでもできるんですで、やる気が出てきた末っ娘♪

ならば、と子供に大人気のテレビ番組「逃走中」を真似て、あるアイディアを思いつきました!

子供のお手伝い、最初は自分でやった方が早いのでちょっとイライラしますが、慣れてくるとそのうちに働くママさんにはなくてはならない戦力になってくれますよ!

スポンサーリンク

さて、そのアイディアは?

「逃走中」と言えば、「ミッション」ですよね。(ご存知ない方、ごめんなさい。上の子が小学生なので保育園児はあまり見ていない「逃走中」ですが、うちの末っ娘はお兄ちゃんたちと一緒に毎回観ていました。)

ある日、保育園から帰宅して、さて夕食の準備というときにこんなメモを渡してみました。

メモの画像-2

ウホホ~、まだまだピュアな5歳の娘、やる気満々です!
ちなみにこれが小学生になってからやろうものなら、「あほらしい~」とお手伝い拒否です(泣)

ポイントは・・・

子供だって保育園で疲れています。ママに甘えたいからグズグズします。だからグズグズの状態でミッションを実行しても、もちろんやってくれるはずはないんですよね。

なので、保育園の帰り道で「あのさ~。今日、ママお仕事で疲れちゃったんだよね。○○ちゃんのお手伝いがあれば、すっごく助かるんだよね。」などと気持ちを高めておきます。

そして、帰宅後にミッションメモを渡します。内容は簡単に素早く実行できるもので。

こんな感じです。

メモの画像-3

その他、「お茶碗並べてね」「タオルたたんでね」などなど・・・。


そしてミッション実行中の間は子供を見てはいけませんよ。終わった後に「わあ~、すごい!ママがやるより上手だね。これからも○○ちゃんにお願いしようかな~」と褒めたたえます。この「溜め」が、ママが見ていなくてもできた!という満足感につながるようです。

ここで子供はテンションアップ!

すかさず「次は○○するよ~」と、子供のお手伝いできることをお願いします。(この段階ではメモは面倒なのでなしです・・・)

おすすめのお手伝いミッション

おすすめはお弁当などの洗い物をキッチンタオルなどで拭いてもらうお手伝いです。キッチンでなくても、テーブル(食卓)でできます。だからママの家事の邪魔になりません(笑)。

ボールなどに洗ったお弁当を入れ、タオルとともに渡します。

お弁当箱の画像

ちっちゃいお手手で拭いてくれるので、結構時間がかかります。最初にたくさんの洗い物を渡してしまうとやる気がなくなるので、小分けしてやってもらうのが効果的かも。

その間に自分は急いでお料理です。出来上がった盛り付けもミッションとしてお願いすると喜びます。

そして、パパにもお手伝いできたことを誉めてもらってくださいね。

うちはこれを繰り返すうちに今日のミッションは何かな~?と習慣になってきました♪

ママの精神状態が大事!

そうです、子供のお手伝いには、忍耐が必要(笑)。だって自分でやった方が早いですもんね。

「今日は無理」という日もあります。無理は禁物!時間と心に余裕のある時や休日から始めてもいいと思います。

もちろん、子供のお手伝いは、毎日でなくてもお互いの気分が乗っている時だけでもいいので継続していけば、小学生になったときには働くママのお助けとして、かなりの戦力になってくれますよ。

思わぬ副産物?!

帰宅後のグズグズをごまかしたり、夕食前にお菓子を食べてしまうことをなくしたいと思ってやってみた子供のお手伝いミッションですが、思わぬ良いことがありました!

一つは、お手伝いを通して子供の成長が見られること。

そしてもう一つは、働くママは忙しいけれど、お手伝いしてもらいながら子供とのコミュニケーションを図れること。

そして何より嬉しかったことは、うちの娘は偏食が多くて、ご飯をあまり食べなかったんです。それがお料理のお手伝いをすることで自分が作った(手伝った)料理だからか今まで苦手だったものもパクパク食べるようになりました。


ちょっとした遊び心で「子供のお手伝いミッション」、始めてみてはいかがでしょうか。まだ小さくて字が読めないお子さんにはママがメモを読み上げてテンションアップしてあげてくださいね。

スポンサーリンク