友達の家でのマナー、お子さんは大丈夫?

仕事の都合などでママ友さんにお子さんを預かってもらうことはありませんか?ママの都合でなくても少し大きくなると、お友達の家に遊びに行かせてもらうことが増えてきます。

うちの長男は小学校に入学した後、あるお友達のお家で預かってもらうことが多かったんです。(学校からそのお家に下校していました。)

そこのお家の方に「お行儀悪いから来ないで」と思われたら、もう預かってもらうところがありません。必死で息子に「友達の家でのマナー」を教えました。

その甲斐あってか(笑)、そのお家のおばあちゃんが「○○くんならいつでも預かるから大歓迎よ。夏休みも来くればいいよ、お昼も一緒に作ってあげるよ。」とまで言ってくださったんです(感激!)。

そのお家には大変お世話になりました。今でも感謝の気持ちでいっぱいです。

そこで、私が息子に教えた「友達の家でのマナー」をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

友達の家でのマナー

お家に入るとき

  • あいさつ(「こんにちは」「お邪魔します」など)
  • 靴をそろえる(←意外とできないお子さんが多いようです)

遊んでいるときは

  • 遊んでいる部屋以外は出ない(←重要ポイント!
  • 冷蔵庫や戸棚、引き出しなど余計な所を開けない(←重要ポイント!
  • 公園などで遊んだ後、服が汚れたらそのまま家へ上がらない(←重要ポイント!
  • トイレに行きたいときは、お家の人に言ってから借りる
    (使い終わったら便座のふたをしめておく。もし汚してしまったらお家の人に言い、謝る)
  • お家の人に声をかけられたら、目を見てはっきりと答える

おやつを出していただいたら

  • あいさつ(「いただきます」「ごちそうさまでした」)
  • ゲームやおもちゃなどで遊びながら食べない(←重要ポイント!
  • 食べ終わって手が汚れていたら洗わせてもらう(←重要ポイント!
  • テーブルに座っていた場合は、いすをテーブルの中に戻し、(できれば)食べたものは片づける
  • 帰宅後、おやつをいただいたことを親に報告する

帰る前には

  • 片付けをする(←重要ポイント!
    あらかじめ、迎え(帰る)の時間を子供に言っておき、その時間までに片付けるようにさせる
  • 帰りのあいさつ(「ありがとうございました」など)

親として

  • もちろん預かっていただけるお家の方に感謝!
  • たまにはお菓子を持たせたり(過剰にする必要はありませんが)、どこかに出かけた時にはお土産をお渡しするなどちょっとした心遣いがあると良いと思います。
  • 預かってくれるママ友さんにあらかじめ迎え(帰り)の時間を伝えておくのも忘れずに!
  • 良いお天気の日などで公園へ行って服や靴下が汚れそうな日などには、着替えを持参させておくと安心です。
  • うちの子はお友達と一緒だとテンションが上がってしまうことがよくあったので、お家の方に「悪いことをしたり、お行儀が悪かったら叱ってくださいね」と伝えておきました。
  • 自分が休みの日にはお子さんを預かってあげるようにしてあげると、お礼の意味だけでなく自分の子供が友達とどんな風にしているかも分かって良いですよ。

友達の家でのマナー、急には身につきません

働くママでなくとも、お子さんに友達の家でのマナーを守らせることは大切ですよね。

「また来てね」と言われると親として嬉しく思います。一度お子さんに、友達の家へお邪魔したときにどんな風にしているか聞いてみてはいかがでしょうか。

もし、できていないことがあれば、今からでも守っていけるようにされると良いと思います。

とくに重要ポイント!の項目は、チェックされることをおすすめします。これは、預かる側の立場で考えて、家の中をあれこれ見られたり、片付けをしないで帰るのが一番ストレスを感じてしまうポイントになります。

あいさつなども、もちろん大事なのですが、あいさつは成長とともに友達の様子を習ったりして、だいたいできるようになります。でも、この重要ポイントはお子さんによってはいつまでもできない(NGであることに気付かない)子もいるので、親のしつけができているかを見られているように感じます。


お子さんが小さいうちはお邪魔したお家のママさんに子供の様子を聞いたり、時にはお子さんと一緒にお家に遊びに行かせてもらったりすることもあると思いますので、その頃から自分の子供がどんな様子なのかを把握して、マナーを守るようにお話しておくと良いですね。

最初から全てのことを守れるお子さんは少ないと思いますので、折を見て繰り返し確認しながら、徐々にできるようにしていかれると良いと思います。

また、成長とともに子供同士で約束して遊びに出かけるようになりますが、時々はお子さんにちゃんとマナーが守れているか確認してあげてくださいね。

まとめ

友達の家と言っても、そのご家庭によって色々ですから、ここまでしなくても・・・という場合もあります。

私の経験では、おじいちゃんおばあちゃんがいらっしゃるご家庭では特にそういったマナーを重視されるように思いますし、中には学校から帰ったら必ず靴下を脱いで足を拭く、というくらいきれい好きのご家庭もありました。

小学校中学年くらいになると、どんどんお友達が増えて親御さんのお顔も分からない場合も出てきますから、厳しめにマナーを教えておかれると間違いがないと思います♪

指きりのイラスト

スポンサーリンク