子供がライン(LINE)をしたいと言い出したらどうする?

小学校高学年頃から「ライン(LINE)がしたい~!」と言うお子さんが多くなってきます。

子供のライントラブルの話やラインに没頭しすぎて勉強しなくなったなどという話をよく耳にしますので、できれば使わせたくないのが親の本音ですよね。

でも、周りの友達が使っているのに、我が子だけラインをしていなくて仲間外れにされるのも困るし…。難しいところです。

先日、中学生になったばかりの真ん中の娘が「友達とラインがしたい」と言い出しました。

何事も最初が肝心と思い、小5からラインをしている長男に実体験に基づくアドバイスをもらいながら、娘がラインをどう使えばよいか考えてみました。

これからお子さんがラインデビューするママさんの参考になれれば思い、その時のことをご紹介します。

スポンサーリンク

子供にラインが必要なのか、状況を見極める

まず、本当に子供にラインが必要なのか、よく話を聞きました。

もともと娘は私との連絡用に、私の古いスマホを使ってラインを使用していましたが、最近は端末の調子が悪いのでほとんど使っていない状態でした。(アカウントはキッズ携帯を持っているので、その電話番号で登録しています。)

ですから、友達とも繋がろうと思えばいつでも繋がれるのですが、仲の良い友達がラインをしていなかったので、これまで友達とラインをしたいと言い出すことはなかったんです。

この春、中学校に入学し、新しい友達ができました。

あっという間にクラスのグループラインができて、クラスの何人かはそこで会話をしているそうです。(グループラインの意味が分からないという方は「SNS簡単解説!LINE・Twitter・Facebook・Instagramの違い」をご覧ください。)

まだラインをしていない友達もたくさんいるので、グループに入っていないからと言って特に問題はないようなのですが、とても仲が良いクラスだそうで、芸人肌の男子を中心に楽しいトークをしているとのこと。

そこに入りたい、というのが一番の目的のようでした。

ちなみに最近仲良くなった女の子の友達(数人)は、まだラインはしていなくて、親御さんにお願いをしている最中だそうです。


聞いた話では、周りの友達の環境が「ラインがなければ生きていけない!」というくらいのお子さんもいらっしゃるようですので、うちの娘の環境ならばまだいらないのではないかと思いました。

そこで、まだラインはいらないと判断し、様子を見ようと判断した私。

でも、2歳上の兄が「〇〇(妹)の性格なら今から少しずつ始めた方が良いと思うよ。女子は何かと大変そうだから、あとからラインの仲間に入って失敗するのが目に見える…。今から(ゆるい環境で)始めた方がラインでの付き合い方(トークのノリなど)を知るためにはいいんじゃない?」と言うんです。

娘はちょっと天然なところがあるので、いきなりラインのやりとりをしだしたら、確かに失敗しそうです(汗)。お兄ちゃん、さすが!

まぁ、それ以外にも親密な女子のグループや1対1のトークになると、既読が付いた・付かないとか、返事がどうだとか、よく耳にしますから、早めに慣れておくのも大事かもいう気もします。

更によく考えれば、ラインで友達と親密な話をしだしたら、親にも当然見せたくなくなるだろうし、私が関われるのは今が良いチャンスかもしれません。

この一連の流れから、当面は私の管理下の元で娘にラインを使用させることにしました。

子供にラインをどの端末で使わせるか

どの端末で子供にラインをさせるかで、私(親)の関りやすさが変わってくるので、ラインの使い始めには重要なポイントになってきます。

今は私のお古のスマートフォンを使ってラインをしている娘。それ以外には以下の方法があると考えました。

  1. 子供専用のスマートフォンで
  2. 子供専用のタブレット(iPod Touchや親のお古のスマートフォンも含む)で
  3. 親のスマートフォンで親のアカウントを使用して
  4. (親の)パソコンで

端末の区別がよく分からないという方は、「携帯電話、子供にいつから持たせる?」の記事に詳しくまとめましたので、ぜひご覧ください。

それぞれの特徴をみていきます。

子供専用のスマートフォンで

子供専用のスマートフォン(タブレット)を携帯電話会社などと契約し、ラインを使う方法。どこでもライン(ネット)が使用できますが、月々の料金がかかります

→我が家の場合、高校生になるまでスマートフォンは持たせない考えなので、こちらは不採用としました。

子供専用のタブレットで

Wi-Fi環境で使用できるタブレット(iPod Touchや親のお古のスマートフォンも含む)端末を使用して、ラインを使う方法。

Wi-Fi環境がある場所でしか利用できないため、主に自宅や友人宅などでのみの使用となります

→お兄ちゃんがこの方法なのですが、端末が小さいこともあり、ラインをしているのかゲームをしているのかはたまた…?と何をしているのか分かりづらいのが現状です。

いずれは娘にもこの方法でと思っていますが、今は私が娘の使用状況を把握したいので、当面は別の方法にすることにしました。

親のスマートフォンで親のアカウントを使用して

ママのスマートフォンで、ママのアカウントで、友達とやりとりをします。(ママは子供の友達と「友達」として繋がります。)

当然、ママがいるときしかできませんし、お子さんもママに内容を見られることは了解の上での使用となります。この方法の場合、親子間にかなりの信頼関係がないと難しいと思います。

ですので、通常は連絡事項的なやりとりしかできませんね。

トラブルに巻き込まれることは少ない方法ですし、子供の友達も把握できて、親目線では嬉しい方法だと思います。私の周りでも何人かこの方法をとっているママさんがいます。

ですが、今回は目的が違うので、この方法も不採用としました。(私も娘にスマホを専用されるのは困りますし。)

(親の)パソコンで

ご存知の方も多いと思いますが、パソコンでもラインが使用可能です。

これはスマートフォン(タブレット)にラインをインストールして、そのアカウントと同期する、という使い方になります。

娘の場合、すでに私のお古のスマートフォンにラインがインストールしてありますから、その設定画面でメールアドレスを登録して(メールアドレスは私の使っていないもので登録)、パソコンで同期させることができます。(詳しい設定の方法を知りたい方は、ネットで検索してみてください。)

息子の先輩が中学生の時はこの方法だったらしく、リアルタイムのやりとりがなかなかできないと言っていましたが、親としてはかえってその方がラインに依存してしまうことが少なくなる気がするので、安心に思えます。

我が家はこの方法に決定かな。。。

結局、選んだ端末は

以上から、娘とも話合って、慣れるまでは私のパソコンでラインを行うことにしました。

しばらく使って問題がないようならタブレットの購入も考えよう、という結論になりました。

ルールを決める

端末が決まったので、設定を行い、ラインを使えるようにしました。

次はルール決めです。

スマホの約束、決めていますか?」の記事で、スマートフォンなどの端末を使用する際の我が家の約束をご紹介しています。今回も同じルールなのですが、その中でも、子供がラインを使うにあたり、再度徹底したことは

  • やるべきこと(宿題、習い事、手伝いなど)に支障のない範囲で使用する
  • リビングでのみ使用する
  • 端末に触るのは22時まで
  • 不用意に写真や動画などを載せない
  • 発言に気を付ける(個人情報や人の悪口などは絶対に書かない)
  • トラブルになりそうなことがあったらすぐに報告する

ということです。また、約束が守れなければ、我が家の場合、いかなる理由であれ無期限使用禁止となります。(詳しくは「スマホの約束、決めていますか?」の記事をご覧ください。)

今のところは上手にラインを楽しんでいるようですが、正直これからが心配です。

時々、端末のチェック&会話をする

さて、これは親も子もしたくない、されたくないことですが、やはりまだまだ子供です。

特に使い始めのうちは、一緒に操作したり、トークの内容をチェックしてトラブルにならないように気を付けさせることが必要だと思います。

隠れてこっそりチェックをするのではなく、子供と一緒に見るようにしています。実際に画面を見ない場合も、最近のラインでの話題や誰が参加しているのかなどを会話したりするようにしています。

徐々に頻度を減らしていき、慣れればチェックはしないつもりです。

すでにラインを使っているお子さんに、途中でラインのチェックをすることは難しいと思うので、とにかく使い始めが肝心ですよね。慣れるまでは親が見るということを前提に使わせると良いと思います。

子供の様子を常に観察する

これは子供のライン使用にかかわることだけではありませんが、普段と変わった様子がないか、特に気を付けるようにしました。

あるママ友のお子さん(女の子)は、中一でラインを始め、帰宅後数時間ラインをしないと安心できない状況になり(返信しないといけないという恐怖から)、次第にラインにストレスを感じるようになり、半ノイローゼになったとのこと。

そのママは「ラインを親に禁止されたと言ってしばらくやめなさい」と言ったそうです。すると一緒にラインをしていた友達も「実は自分もしんどかった」と本音を言ってくれたそうで、ママが娘さんのサインを見逃さずに対処した結果、問題解決できたようです。

この話を聞いて、子供の様子を見逃さないようにしていかなければと思っていますが、これが一番大切な事なんですが、一番難しい事でもありますよね。。。

最後に

以上、娘のラインデビューのエピソードをご紹介しました。

うちの子の場合は、まだ周りのお子さんもラインをしていない子が多く、いきなりのトラブルはなさそうですが、環境によってはラインに生活を支配されてしまうと言っても過言ではないほどの場合もあると思います。

だからこそ、始まりが肝心だと思うんです。

働くママは忙しいです。お子さんの細かなことにまでなかなか気が回らないことも多いと思いますが、ラインデビューの時がママの頑張り時ではないでしょうか。

先輩ママからよく「幼児の間は手がかかって大変だけど、大きくなるにつれて手はかからない分、心配や悩みが大きくなる」と聞きます。

うちの子も思春期にさしかかり、その通りだと思うことがいばしば。

ですから、これからもっと大きくなるであろう心配や悩みを少しでも軽減させるために、こういう機会を利用してお子さんと会話したり、ルールを決めておくことが大切になるのではないかと思うんです。

我が家も今後、娘の環境の変化とともにラインのトラブルがあるかもしれません。不安はありますが、周りの状況と子供の様子を見守りながら、その時々で最善の選択がしていけたら良いなぁと思っています。

スポンサーリンク