後片付けの時短!広告紙(チラシ)で作るゴミ箱

広告紙(チラシ)で作る箱の作り方をご紹介します。

このチラシ箱、後片付けの時短に一役買ってくれる、なかなかの便利グッズなんです。お子さんにも簡単にできるので、ぜひ一緒に作ってみてくださいね。

スポンサーリンク

広告紙(チラシ)で作る箱の作り方

広告紙(チラシ)を用意します。今回は分かりやすいように白と黄色の紙で作ります。

用紙の画像

まず、半分に折ります。
(広告紙(チラシ)の裏面が白い場合、白い面を上にして折り始めると、出来上がった箱の内側が白くなります。)

チラシ箱の作り方の画像-1

さらに半分に折って四つ折りにします。

チラシ箱の作り方の画像-2

四つ折りにした状態で下記のように机に置き、

チラシ箱の作り方の画像-3

用紙半分を起こします。

チラシ箱の作り方の画像-4

そして、開きながら・・・

チラシ箱の作り方の画像-5

つぶします。

チラシ箱の作り方の画像-6

しっかり折り目をつけると、こうなります。

チラシ箱の作り方の画像-7

裏返して、反対も同じようにします。

チラシ箱の作り方の画像-8

次は、下記のように片側を折り返します。

チラシ箱の作り方の画像-9

こんな感じで・・・

チラシ箱の作り方の画像-10

そして、こうなります↓

チラシ箱の作り方の画像-11

反対側も同じように折り返します。

チラシ箱の作り方の画像-12

次は、下図のように端を真ん中まで折ります。

チラシ箱の作り方の画像-13

反対側も真ん中まで折ります。

チラシ箱の作り方の画像-14

裏返して、同じように真ん中まで折ります。

チラシ箱の作り方の画像-15

あと少しです!

持ち手部分を作ります。下記のように持ち替えて・・・

チラシ箱の作り方の画像-16

裏面との境目まで折ります。

チラシ箱の作り方の画像-17

反対側も同じように折ります。

チラシ箱の作り方の画像-18

開ければ、出来上がり♪

チラシ箱の画像

あぁ、子供の頃こんなの作ったなぁ!という方もいらしゃるのではないでしょうか?

広告紙(チラシ)で作る箱の活用例

広告紙(チラシ)のサイズで様々な大きさの箱ができます。

チラシ箱の画像

(一番大きい箱は、6歳の娘が作りました。)

食卓の上に置いて、ゴミ箱代わりにするのがおすすめです。

みかんの皮や汚れたティッシュなどをポイポイ入れて、あとはチラシ箱ごと丸めてゴミ箱へ捨てるだけ!

チラシ箱にゴミを入れた画像

特にたくさん人が集まった時などは、テーブルの上にこのチラシ箱があると、ゴミが一箇所にまとまるので後片付けがとても楽です。

その他の使い方として、子供がはさみを使った工作をする時に机の上に置いて、切れ端を入れたり、宿題をする時に消しゴムの粉を入れたりしています。

チラシ箱に切りくずを入れた画像

また、ケーキなどを作る時、お砂糖などの粉物を軽量しますが、その時にも便利です。

チラシ箱をそのままクッキングスケールの上に乗せて計量したり、

チラシ箱で計量する画像

小麦粉などををふるうこともできます。

チラシ箱を使って粉をふるう画像

(↑小麦粉が入っていなくてごめんなさい。)

揚げ物をする時にパン粉などを付けますが、そういった時にも活用できます。箱の形になっているので、粉が広がらず後片付けが楽です♪

食材を入れるのが気になる方は、チラシではなく上の画像のような白い紙で作っても良いですね。

このチラシ箱、工夫次第で色々なことに使えます。横に持ち手があるので、移動させる時にもちょっと便利なんですよ。


私は子供の頃からこんな風にチラシ箱を作っているのですが、知人に聞くとちょっと違っていたり、もっとかっこよかったりと、いろいろな方法(種類)があるようです。

今回ご紹介したチラシ箱は、ささっと作れて、まるめて捨てられるのが良いところ♪ぜひ活用してみてくださいね。

以下の記事は後片付けの時短シリーズです。合わせてどうぞ!

スポンサーリンク