子供に鍵、持たせ方は?

小学生になると下校時間が早い!では、小学生のお子さんが下校後、保護者が仕事などで不在になる場合の預かり先についてご紹介しました。

でも、いつかは鍵っ子にしなくてはいけない時期がきますよね。また、いろいろな事情で小学校低学年から鍵っ子にせざるを得ない方もいらっしゃると思います。

子供に鍵を持たせるのって不安ですよね。

でも、案外鍵っ子って多いんです。親子でしっかり約束を決めておけば、子供も成長するもの。今だから言えますが、子供はたくましくなります!

私や周りの働くママさん達がやっていた鍵の持たせ方や気を付けることなどについてまとめてみました。

(この記事に出てくる鍵の写真は本物ではありませんのでご安心ください。)

スポンサーリンク

鍵の持たせ方は?

ランドセルにつける

我が家はこの方法です。

小学生用のキーケースとして様々な商品が市販されています。ランドセルにつける商品にも色々なタイプがあるのですが、ランドセルの外側に付けるタイプは落としてしまうこともあるのではないかと思い、私はランドセルの中に入れられるものを探しました。

そして結局、100円ショップでシンプルなストラップを購入しました。写真は真ん中の娘のものですが、長男にはこれの青色を購入しました。

ストラップの画像

低学年のうちは見た目がかわいいものが良いのですが、高学年にもなると特に男子はそういったものを嫌がりますので、キャラクターものなどは避けた方が長く使えると思います。100円ショップの商品でも品揃えがたくさんあるので十分でした。


ランドセルの内側のポケットに伸びるストラップで鍵を付けています。普段はポケットの中にしっかりと入れてファスナーを締めておくようにします。

ランドセルに鍵を付けた画像


これで鍵の準備は整いましたが、実際に子供に鍵の出し入れの練習させてみると、ランドセルが大きいので当時2年生の息子には玄関前で鍵を出す作業が少し大変そうでした。

制服に縫い付ける

指定の制服がある場合は、ズボンやスカートのポケットの内側に伸びるストラップを縫い付け、鍵を持たせます。

洗濯の時に鍵を外すのが少し面倒ですが、友達はこの方法でした。家に帰った時にさっと鍵を出せるのが低学年にはうれしいですね。

首からぶら下げる

鍵に長いヒモを通して首からかけます。鍵は見えないように服の中に入れておきます。(ネックレスのような感じです)

ネックレス風の鍵の画像

ヒモも100円ショップで購入できます。(写真は幼稚園の時に保護者名札用として配布されたものを再利用しました。)

この方法も鍵の出し入れがしやすいので、低学年のお子さんには良い方法です。

ただ、体育などで着替える時に人目につくので、周りの友達に「なにそれ?」と聞かれ、外してしまう子もいるようでした。(なくしたら大変です・・・)

また、鍵を体にぶら下げているので、体育などで体を動かす時に気になりますね。

家の外の秘密の場所に鍵を置いておく

これは防犯上おすすめしませんが、鍵のかかっていない倉庫の中などに入れ物を置いて、そこに鍵を入れておくようなやり方をされている方もいました。(何度も言いますが、防犯上危険ですので、おすすめはできません。)

鍵の持たせ方、まとめ

通学の状況などにもよると思いますが、小学校低学年のうちは、制服につける⇒慣れてきたらランドセルにつける、という流れが良いように思います。

ちなみにうちの長男は、中学生になっても通学カバンに小学校の時に使っていた伸びるストラップに鍵をつけています。

子供との約束

安全のためにも、しつけのためにも、鍵っ子にする前に最初にしっかりとお留守番の約束を決めることが大切だと思います。

我が家ではこんな約束をしました。ご参考にしてみてくださいね。

鍵の取り扱いは

  • 鍵を出すのは、家についてからなるべく人目につかないようにさっと出し、なるべく早く家の中に入る(防犯上)
  • 鍵っ子であることを友達に自慢しない(友達が家に来たがる)

留守番の時は

  • 留守番の時には、来客があっても出ない、電話にも出ない。
    (子供一人の留守番を狙う犯罪に巻き込まれないように)
    ただし、これは小学校高学年になったころからインターホンで相手を確認して、少しづつ臨機応変な対応が取れるように休日を利用して練習させました。
  • いったん帰った後の外出はしない。
    (最初のうちはそうしておいて様子を見て許可しました→この後の項目で外出の時のお約束もご紹介します)
  • 留守番の時に家に友達を呼ばない。
    (何かトラブルがあっても大人がいないので対処できない)
  • 火を使わない。
  • 帰ってからのすることを決めておく。
    手洗い→着替え→宿題→時間割。その後は、好きなことしていいよという風にします。ゲームをする時間なども初めに決めておくと良いですね。
  • 万一の困った時の連絡先を確認する(両親だけでなく、祖父母、友人など)
    必要な人の電話番号を貼っておき、事前に電話をかける練習をする→短縮番号などのかけ方は、いざという時にパニックになってわからなくなる可能性もあるので、番号をプッシュしてかけられるようにしておくと良いです。そのせいか子供が私の携帯電話を暗記していて、びっくりしたことがありました。

最初は毎回約束を繰り返し確認します。場合によっては、約束を書いた紙を貼っておいてもよいかもしれませんね。

約束を守らないと、どういう危険があるかもしっかりと伝えれば子供も理解してくれると思います。


慣れないうちは、こんな風な「お帰り」メモとおやつを置いておきました。(メモのやめ時が難しいですが、子供は安心するようでした。)

メモとお菓子の画像

鍵っ子に慣れてきた時が要注意!

最初は、いったん帰った後の外出を禁止していましたが、慣れてくると友達と遊びに行きたくなります。こちらも最初が肝心、しっかりとお約束を!

我が家の約束事項です。

  • 宿題を済ませて次の日の時間割を合わせてから行くこと。
  • 着替えをして、お便りを所定の位置(うちではテーブルの上)に出してから行くこと。
  • 行き先と帰る時間をメモに書いていくこと。
    (LINEが使えるようになってからはLINEで連絡
  • 鍵をしっかりかけること。
    ちなみに、この時の鍵は首にかけるタイプのものにしています。
    (玄関に常にかけてあります)

そして、約束を破ったときは二度と行かせないと毅然とした態度で約束しました。←かあちゃん、こわい!・・・でも、子供の安全としつけのため、と心を鬼にしてしっかりとお約束しましょうね。

こんな失敗をしてしまいました・・・

長男が小学校2年生の鍵っ子にも慣れてきた頃のことです。その日は校外学習。(今は遠足って言わないんですね・・・)

素晴らしい秋晴れで、遠足日和。私は朝からお弁当を作って大忙しでした。なんの迷いもなくいつものように送り出し、仕事へ。

さて、仕事を終えて家へ戻ると、子供がいないんです。家の中に入った形跡がない!
真っ青になって近所の友達のおうちに探しに行ったけど、いない!

再び家に戻り子供の名前を呼ぶと、家の裏から子供が半べそをかきながら出てきました・・・。

そうなんです、この日は朝から体操服を着てリュックサックにお弁当を入れての登下校でした。ランドセルに鍵を付けていたので、鍵がなくて家には入れなかったんです。

息子は小さいながらに考えて玄関では人目につくからと家の裏に回り、そこで宿題をしていたようです。しかもそこは西日が当たり、とても暑い場所。遠足でお茶は飲み干してしまうし、かわいそうな状態でした。(この後、子供を抱きしめて、親子で泣きました。)

少し落ち着いてから、近所の友達のママさんに無事に息子がいたことを伝えると、そのママさんは専業主婦で必ず子供の帰宅時間には家にいる方なのですが、笑いながら「近所の○○ちゃんも鍵がないってうちにきたよ~。今度こんなことがあったら、うちにくるように言っといて」と言ってくれたんです。

なんと素晴らしいママさん!こういう助け合いで子育てって成り立っているんだなぁと涙が出る思いでした。

この失敗以降、子供も私には頼らず、ランドセルを持っていかない日には自分で別の方法で鍵を持っていくようになりました。

子供には本当に申し訳ないことをしてしまいましたが、お陰で自立心が芽生えてくれたように思います。(でも、ほんとごめんね・・・)

鍵のイラスト

失敗談も今では笑い話ですが、こんな風に失敗したり、子供が約束を破ったりして叱ったり、いろんなことがありました。

そんな中で子供が高学年になった頃から、すごくたくましくなったのを感じるようになりました。子供への鍵の持たせ方は、それぞれのご家庭で色々なやり方があると思います。

鍵っ子にすることを不安に思っている働くママさんのご参考になれれば嬉しく思います。


以下の記事も小学生のお子さんをお持ちの働くママさんへおすすめの記事です。合わせてご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク