親子のコミュニケーション取れていますか?

働くママは、仕事に家事にと毎日バタバタ。なかなか親子のコミュニケーションが取れなくてお悩みの方も多いと思います。

長男が幼稚園のころ、先輩ママに教えてもらってこんな方法でコミュニケーションを取っていたのを思い出し、末っ娘が5歳の頃にまた始めてみました。

スポンサーリンク

親子のコミュニケーションの秘密兵器!

それは、交換日記です。
お子さんが読み書きができるようになったら、やってみてくださいね。


100円ショップでかわいいノートを買ってきました。

交換日記の画像-1

そして、表紙に「こうかんにっき」と書いてみました♪「○○ちゃんとママの交換日記」にしてもいいですね。

この後、娘が表紙に落書きをしだしてすごいことになってしまったので、まだきれいな状態を載せました・・・。

交換日記の画像-2

中身はこんな感じです

お恥ずかしいですが、中身を公開しますと・・・

交換日記の画像-3

あはは~、娘の字が読めませんよね。

「ままへ

きょうのおべんとうおいしかったよ

またこんどのおべんとうもおいしいといいね

きょうわいろんなことをしたよ

はやおむかえうれしいね

○○より」

と書いてあります。


この日は、月に一度のお弁当の日でした。娘がパパとお風呂に入っている間に、ささっと書きました。

お風呂から出てきて、いつもグズグズになって家事ができなくなるのですが、この交換日記のお陰で娘はテンションアップ!

集中してお返事を書いてくれました。その間に私は、洗濯干し♪

無理せずに

でも、無理をして日記を書いてストレスが溜まっては元も子もないので、気持ちに余裕がある時や日をまたいでのやりとりでも良いと思います。

お子さんの数が多い場合、ママを独り占めすることができなくて・・・ということがあるかと思いますが、この交換日記はそのお子さんとママだけの1対1の親子のコミュニケーションなので、その点でも子供にとっては非常に嬉しいようです。

幼少期、交換日記をしていた長男たちは・・・

末っ娘の交換日記を見て、長男が「懐かしい!」と言い出しました。長男とは小学校低学年まで時々交換日記を書いていたのですが、それを思い出したようです。

中学一年生の今、「内容までは思い出せないけど、なんだか嬉しかったのは覚えている」と言っていました♪

私「またママと交換日記する?」

息子「いらん・・・」

まぁ、そんなもんですよね(笑)

真ん中の娘は今、小学校5年生。彼女も長男と同じ時期に字が書けないなりにノートを用意して交換日記をしていました。でもそれは覚えていないそうです(汗)

でも、「今からママと交換日記したいな~」と言い出しました。ちょうど思春期に差し掛かる多感な時。反抗的な態度を取ることも多いので、交換日記なら素直な気持ちを書いてくれるかもしれないなぁとシメシメ・・・。また始めてみようと思います。


こんな風に大きくなってからも良い思い出になっているようですし、数年後にこの交換日記を読み返すのも懐かしい思い出です。(長男は恥ずかしいと苦笑していましたが。)

親子で一緒に見れば、またこれでコミュニケーションが取れますね。

ぜひ楽しんでやってみてくださいね♪

以下も親子のコミュニケーションに関する記事です。合わせてどうそ!

スポンサーリンク