大根の葉、食べ方ご存知ですか?~下ごしらえ編~

栄養満点の大根の葉、捨ててしまわずにお料理に活用したいですね。今回は、下ごしらえと保存の方法についてご紹介します。

大根を丸ごと買って大根の葉を常備しておくと、時間がない!という時の働くママのお助けになりますよ~!

スポンサーリンク

大根の葉の下ごしらえ

まず、大根の葉を根元から切り離し、よく洗います。

沸騰したお湯で1分ほど茹でて、粗熱が取れたら細かく刻みます。(粗さはお好みで。私は茎の歯ごたえが好きなので、少々粗めです。)

細かく刻んだ大根の葉の画像

これを、1回分ずつラップに包みます。

ラップに包んだ大根の葉の画像-1

ラップに包んだ大根の葉の画像-2

そして、ファスナー付きの袋に入れ、冷凍します。

冷凍保存した大根の葉の画像

中くらいの大根1本分の大根の葉で、お料理3回分の材料になりました。


ちなみに大根の白い部分をすぐに使わない時は、新聞紙に1本ずつ包んでポリ袋に入れて冷蔵庫で保管すると鮮度が保てますよ。

大根の葉の食べ方は?

我が家では、主にお味噌汁の具として活躍しています。

沸騰しただし汁に冷凍したままの大根の葉揚げ豆腐などを入れて、お味噌で味を調えるだけ。

余談ですが、揚げはそのまま使えるCOOP商品の「きざみうす揚げ」を冷凍庫に常備しています。とっても便利です!

きざみ揚げの画像-1

きざみ揚げの画像-2

(↑開封した商品の写真で、ごめんなさい)


うちの夫は「朝は和食。味噌汁必須!」男なんです。忙しい朝にもすぐにできるので、大根の葉のストックがあると非常に助かります。

以下の記事でも大根の葉の食べ方をご紹介しています。いずれもとっても簡単なレシピです。

スポンサーリンク