鍵っ子とママの連絡方法は?

小学生になり鍵っ子にさせると、お仕事をしていても「もう家に帰ってきたかな」とか「宿題は終わったかな」とか色々と気になりますよね。

我が家での、子供との連絡方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

最初は固定電話から

我が家では、小学校に入る少し前から家の固定電話で練習をさせました。

字を読めるようになるのがだいたい5歳頃ですので、余裕を持ってその頃から始めてみると良いですね。

電話がかかってきた時は

お留守番の時には「電話に出ない」というお約束をしていたのですが、固定電話は相手の番号表示機能が付いたものにしているので、ディスプレイに「ママ」や「パパ」と表示が出た時だけ出ても良いことにしました。

固定電話にママと表示された画像

音声でも「ママけいたいさんです♪」と知らせてくれます。

子供からの発信は

子供から私の携帯電話に電話をする練習をしました。上の子は小学校に入る少し前から始めたのですが、先日年中の末っ娘にやらせてみたところ、すぐにできるよになりました。お子さんの成長具合を見て早めに始めておかれると安心ですね。

「ママが仕事中は電話に出られないので留守番電話にメッセージを入れる」という風に教え、仕事の手が空いたらお家に電話するから心配しないでね、ということを話しました。

固定電話の近くに電話番号を一覧にして貼っておきます。
パパ、ママはもちろん、おじいちゃんやおばあちゃんなど突然のトラブル時に電話できるようにしておきます。ただし、たくさんの人を書きすぎると分かりにくくなるので、必要最低限の人の番号にしておく方が良いです。

また、発信の方法は、ワンタッチボタンや短縮No.などの方法でも良いのですが、とっさの時に子供がパニックになってしまう可能性もあるので、電話番号をプッシュする方法も教えておくと良いですね。

これも教えましょう

お友達のお家などから急用などの時に電話をかけられるようにママの携帯電話番号も覚えさせておくといいですね。(子供は覚えるのが早いので、すぐに覚えますよ!)

あとは、子供から発信したときに間違って別の方へ電話をしてしまった場合の対処法(謝ってから切ること)も教えておきましょう。

成長とともにタブレット端末へ

子供に携帯電話、いつから持たせる?」でもご紹介していますが、我が家の場合、長男が小5(2013年)のクリスマスにタブレット(iPod Touch)を購入しました。もちろん渋々ですが。

LINEをインストールし、友達の家へ遊びに行く時などは私へ連絡するように徹底しました。

真ん中の娘は、小4(2014年)に私のお古のスマートフォンを利用し、LINEができるようにしました。まだ周りの友達はLINEをしていないので、小5の現在も使用は家族のみに限っています。

学校から帰ってくると、「ただいま」とトークを入れておいてくれます。

たまに、こんなかわいらしいことも・・・。仕事中にほっこりします。

LINEトークの画像

ちなみにLINEではかわいい娘ですが、私が家へ帰ると急に不機嫌になってイライラ。学校でのストレスを思いっきりぶつけてきます(泣)。困ったもんです(泣)。


中学生になると部活などで帰りが遅くなりますし、たとえ早く帰っても別に私に用事もないので、長男からLINEが入ることはほとんどなくなりました。それでも、夏休みなどは、遊びに行くときには行き先を私に連絡するようにさせています。

キッズ携帯も併用

2014年の春、私のスマートフォンを機種変更したのですが、その時に約300円/月でキッズ携帯が持てるというキャンペーンをしていました。

その頃、子供を狙った犯罪が身近でも起きていたので、習い事などで子供がひとりで外出する時に持たせようと思い、キッズ携帯を購入しました。

キッズ携帯のイメージ

長男と真ん中の娘は当時、小6と小4。1台を共有で持たせることにしました。自宅からはLINEで連絡をしてくるので、ほとんど娘が習い事に行くときのお守りとして持たせているようなものですが、これで安心を買っている気もします。

余談ですが、色はピンク、黄色、ブルーの3色。息子と娘2人で1台なので、黄色でいいかなと思っていたのですが、長男がピンクを選びました(驚)。まさかそっち系?と心配になり、聞くと今は「ピンクは男色、水色は女色」なんだそうです。水色はわかりますが、ピンクには衝撃!みなさんの周りもそうですか?(笑)

この状態はいつまで?

子供に携帯電話、いつから持たせる?」でもご紹介していているように、高校生になればそれぞれスマートフォンを持つことになるでしょうし、子供が中学生の間は現状のような使いをする予定です。

とはいえ、末っ娘が高校生になる約10年後には、世の中の状況は今とはずいぶん変わっていそうですが・・・。

子供は成長するもの!

鍵っ子にするのが不安だなあ、一人でいる間に何かあったらどうしよう・・・そう思っていたのは束の間。

私がいないのが当たり前で、その方がきちんと生活できていたりして(苦笑)。ここまでいろんな出来事(失敗)もありましたが、子供はたくましく成長してくれます。

なので最初にママとの連絡方法を明確にしておくと、お互いが安心できると思います。ご家庭の状況やお子さんの性格などと合わせて、良い連絡方法を考えてみてくださいね。


以下の記事も小学生のお子さんをお持ちの働くママさんへおすすめの記事です。合わせてご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク