小学生になると下校時間が早い!

小学生になると下校時間が早いし、自分は仕事だし、子供はどうしたらいいんだろう・・・。働くママにとって、保育園児から小学生になるタイミングが一番心配な時だと思います。

私の住んでいる地域の小学生の下校時間は、1年生だと13時から15時頃です。そんな時間には仕事が終わらないし、でもまだ「鍵っ子」にするのは心配ですよね。

お住まいの地域や環境によって色々なパターンがあると思いますが、私の地域での留守宅の対応策の例をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「学童保育」を利用するのが一般的

学童保育とは、小学生のお子さんが下校後、保護者が仕事などで不在になる場合、お子さんを預かってくれる施設です。

ご両親の勤務状況や家庭環境などによって、いろいろな施設があります。だいたい3年生頃までの所が多いようです。

学童保育の代表例

放課後児童館(公営)

ここが定番です。保育園卒園前に申し込み手続きをします。小学校からも近いので安心です。

学校が終わると、集団下校で児童館へ帰ります。(児童館へ行く子だけで下校班が組まれています。)

児童館では着替え→おやつ→宿題→自由遊びをします。日によってはお誕生会や縄跳び大会、人形劇など色々なイベントも用意してもらっていました。

親の仕事が終わり次第、児童館へ迎えに行きます。

また、土日の学校行事などで振替休日になった日や夏休みなどの長期休暇の時も朝から夕方まで(福井市の場合は、午前8時30分から午後6時まで/延長利用で午前7時45分から午後6時30分まで)預かってくれます。親が送迎し、そういった日はお弁当持参となります。季節によってはバスで遠足などの楽しい企画もしてくださっていました。


ただし、放課後児童館は、保護者の勤務条件や家族構成(例えば祖父母と同居している)などで認可されない場合もあります

私の住んでいる地域は小学生の人数が増えてきているので、条件を満たしていても入れない場合もありました。(2016年現在は改善されています。)

児童クラブ

うちの校区の場合は、児童館のすぐそばにNPO法人が運営する児童クラブがあります。定員オーバーで児童館に入れなかったお子さんなどが入ります。

うちの子が利用していた頃は、1年生は児童館に入れるようですが、2年生以降はこちらに移ってくる方が多いようでした。

それでも定員オーバーになったり、入所条件を満たさない場合は入れないことがありました。(→2016年現在は別に新たな施設が増えて、条件を満たす希望者は、十分入れるようになっています。また、2017年には各施設の学年比率を同じようにしていく取り組みが始まるそうです。)

うちの真ん中の娘は、1年生が児童館、2年生の途中まで児童クラブでお世話になりました。児童クラブでは、児童館同様に学校から集団登校で児童クラブへ帰宅します。

子供の下校後の過ごし方は児童館とだいたい同じでした。

(ちなみにうちの子がお世話になった児童クラブの料金(当時)は、児童館より若干高めでしたが、びっくりするほどの差ではありませんでした。2017年度からは同一料金になっています。)

この児童クラブも勤務条件や家族構成などで認可されない場合もあります


また、私の住んでいる自治体では、NPO法人などが運営する児童クラブ以外にも、小学校の空き教室や近くの保育園などで、放課後や土曜日、長期休暇中の生活の場を提供されています。内容の詳細は各クラブによって決められています。

中には普段は勤務時間が短いので児童館は利用できないが、夏休みなどの長期休暇中だけ利用する、ということが可能な施設もあります。

児童館や児童クラブを利用しない(できない)場合は?

保護者の勤務状況やご家庭の状況によっては、児童館や児童クラブを利用できないこともあります。

そんな場合には、以下のようにしてお子さんを預かってもらうか、鍵っ子にすることになります。

近くに住んでいる祖父母に預かってもらう

祖父母の方がご両親に変わって、下校時間にお子さんのお家で待っているパターンと、お子さんが学校から祖父母のお家に歩いて帰るパターンがあるようです。

後者の場合で、歩いて帰れない距離の場合は、祖父母のお家のある校区の小学校に通学させている方もいらっしゃいました。(祖父母の家までは親が送迎します。)

幼稚園・保育園などでの預かり

長男は幼稚園に通っていましたが、そこでは3年生まで小学生の預かり(学童保育)をしていました。(学校から幼稚園に歩いて帰ります)

親の勤務状況に関係なく、必要な日だけお願いできました。我が家は長男が夏休みだけ利用していました。

その他の施設

民間が経営している学童保育もあります。

たとえば、福井市のまんてん株式会社さんは、習い事と学童保育を兼ねたサービスを展開されています。友人が何度か利用していました。

友人宅

学校からお友達のお家に帰り、預かってもらうパターンです。

これは友人のご厚意のもとになりたっているので、度々というわけにはいきませんね。自分が休みの日にはそのお友達を預かるという感じにしていました。

鍵っ子

これはお子さんの成長度合いにもよりますし、かなり勇気のいる判断です。うちは学校から近いということもあって、2年生ごろから鍵っ子にしました。

(ご参考)子供に鍵、持たせ方は?

我が家の場合

  • 長男
    小学校入学時には週2,3日の勤務だったため、平日は友人宅、夏休みなどの長期休暇中は幼稚園の学童保育にお世話になりました。2年生ごろからは鍵っ子にしました。
  • 長女
    小学校入学時には毎日勤務するようになっていたため、1年生は児童館、2年生は児童クラブでお世話になりました。2年生の途中で娘は「お留守番できる!」と言うので、思い切って鍵っ子にしました。
  • 次女
    現在保育園児ですが、とりあえず1年生の間は児童館のお世話になりたいと思っています。上の子と同じように2年生から鍵っ子かな、と今のところは考えています。

上の子二人が小学校に入学した当初は、学童保育は3年生まででした。(2016年現在は低学年までという規定になっています。)

当時、4年生になったら鍵っ子になることが大丈夫なんだろうかとかなり不安でしたが、子供も成長するもので、3年生を待たずに自分たちで留守番できるようになりました。

うちは年の近い兄弟だったので、二人で留守番できることもあり、思い切って早めに鍵っ子にしました。心強い反面、ケンカしたり、時には結託して悪いこともするので良し悪しでしたが(笑)。

最後に

私の住んでいる地域での学童保育の例をご紹介しましたが、それぞれの地域で学童保育を利用できる基準など違いがあると思いますので、安心して働けるよう事前に十分に調べておかれると良いと思います。

そして、小学生の下校後をどうするかについては、ご両親のお仕事や家族構成、お子さんの性格や成長度合いにも関係してくるかと思いますので、ご家庭でよく話し合われてより良い選択をなさってくださいね。


以下の記事も小学生のお子さんをお持ちの働くママさんへおすすめの記事です。合わせてご覧いただけると嬉しいです。

スポンサーリンク