「支給認定」とは ~子ども・子育て支援新制度~

平成27年4月から「子ども・子育て支援新制度」が本格的に始まっています。

その中で、お子さんを保育園に入れようと思っていらっしゃるママさんにぜひ知っておいていただきたい「支給認定」についてまとめました。

スポンサーリンク

子ども・子育て支援新制度とは

この制度は、消費税増税分を財源として制定された制度で、保育に関する内容だけでなく、幼児期の学校教育や子育て支援全般にわたる内容になっています。詳しくは以下の内閣府のホームページに記載されています。

支給認定とは

新制度では、認可保育園、認定こども園、新制度に移行した幼稚園(公立・私立)を利用する場合、「支給認定」を受ける必要があります。

保護者の就労の有無にかかわらず認定を受けることになっています。

詳細な内容はお住まいの自治体がとりまとめており、支給認定も自治体が行います。

国や自治体からの補助があるため「支給認定」という名前なんですね。(認定を受けると「支給認定証」が交付されます。)


この支給認定は、お子さんの年齢保育の必要性によって3つに区分されます。

その認定区分により、利用できる施設が異なります。

認定区分 保育の必要性 対象 利用できる施設
<1号認定>
教育標準時間認定
なし 満3歳以上
片方または両方の親について
就労がない または
既定の就労以下
(教育を希望する場合)
幼稚園、
認定こども園など
<2号認定>
満3歳以上・
保育認定
あり 満3歳以上
両親ともに規定の就労がある
(保育を希望する場合)
認可保育園、
認定こども園など
<3号認定>
満3歳未満・
保育認定
あり 満3歳未満
両親ともに規定の就労がある
(保育を希望する場合)
認可保育園、
認定こども園など

※規定の就労条件・・・具体的な条件は各自治体で決められています。参考までに私の住んでいる自治体は「1月あたり64時間以上労働することが常態であること」となっています。

※2号・3号の保育認定を受けるには保育の必要な事由(就労など)に該当する必要があります。

2号認定・3号認定にも区分がある

支給認定が2号・3号(保育認定)の場合、「保育の必要量」によって以下のように区分され、保育園に預かってもらえる時間が異なります。

  • 保育標準時間・・・フルタイム就労を想定した利用時間(最長11時間)
  • 保育短時間・・・パートタイム就労を想定した利用時間(最長8時間)

※具体的な利用時間は、お住まいの自治体のホームページ等でご確認ください。

利用料(保育料)は?

利用料(保育料)は、支給認定に基づき保護者の所得により決定されます。

また、支給認定の2号・3号(保育認定)の場合は、保育標準時間か保育短時間を利用するかにより金額が変わってきます。

幼稚園を利用する場合も以前は各施設で個別の金額でしたが、今回の制度により自治体の定めた金額に統一されています。(幼稚園についてはまだこの制度に移行していない施設もあるようですが、順次移行していくものと思われます。)

こちらも具体的な金額は、お住まいの自治体のホームページ等でご確認ください。

まとめ

支給認定とは、認可保育園、認定こども園、幼稚園などを利用する時のお子さんの年齢や利用目的に応じた区分で、この区分により利用できる施設や利用時間、利用料(保育料)などが決まっている、ということになりますね。

うちの末っ娘が年少の年からこの制度に変わったのですが、初年度ということもあり、必要書類を提出する際に言葉の意味が分からず悪戦苦闘しました。(事務の職員の方も大変そうでした。)

これから保育園のことについて調べようと思っておられるママさんは、事前にこの支給認定のことを理解しておかれるとわかりやすいと思います。

具体的にご自身がどの認定区分に当てはまるか、どこに申請するかは「保育園探しに便利なチャートを作ってみました!」をご覧ください。

(作成:2016.3.24)

~関連記事~

保育園の種類について
働くママにとって保育園探しは、とても大切な問題です。でも、ひとくちに「保育園」と言ってもいろんな種類があるのでわかりにくいですよね。そこで、保育園の種類についてまとめてみました。
認定こども園について
認定こども園についてまとめました。私の友人は認可保育園を利用せず、あえて認定こども園を利用しています。制度をよく理解すると、保育選びの選択肢の幅が広がるかも?
保育園探しに便利なチャートを作ってみました!
保育園探しを始める前にチェック!保育園を利用したい場合、保護者の就労状態やお子さんの年齢などにより、利用できる施設が異なります。利用できる保育園の種類がわかる「YES・NOチャート」を作ってみました。
働くママの幼稚園という選択
うちの上の子は幼稚園に通っていましたが、幼稚園にも働くママがたくさんいました。深刻な待機児童問題ですが、働くママさんに「幼稚園」という選択もあるかもしれないと思い、私の体験をまとめました。
スポンサーリンク