笑顔で仕事に向かいたい!保育園の玄関での上手な別れ方

朝、保育園に送っていき、お子さんに泣かれて困ってしまうママさんも多いのではないでしょうか?

保育園を嫌がる?うちの末っ娘の話でも少しお話しているのですが、長男の時には朝、玄関で泣かれて、いつも後ろ髪をひかれる思いでした。

特に一番上のお子さんの場合、働くママになって初めての保育園生活でお子さんに泣かれて、つらい気持ちになられることがあると思います。

私自身、子供が増えて子供の成長とともにこうすればよかったなぁと思うことがたくさんあるのですが、そのうちの一つが保育園の玄関での別れ方

保育園で朝、お子さんが泣いて困っていらっしゃるママさんの参考にしてもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

子供は保育園で朝、なぜ泣く?

まず、なぜお子さんが保育園で朝泣くのかですが、言うまでもなく、ママが大好きで離れるのが嫌という親としては嬉しいけれど困った事態が大半かと思います。

それ以外に体調が悪いとか、保育園で嫌な事がある(友達関係、行事など)の要因も考えられます。この場合は、担任の先生に相談して対処法を考えられると良いと思います。

ママとずっと一緒にいたくて朝、別れ際に泣くという場合ですが、かわいい我が子が泣いているとママも心が痛くなりますよね。

そして、その気持ちが子供に伝わり、さらに泣く→そしてママも困る→もっと泣く、というスパイラル・・・。

そんなお子さんも多いのではないでしょうか。(うちも初めての子の時は、そうでした。)

では、別れ際どうしたらいい?

子供が泣いていてもママは、元気にバイバイ!

これにつきると思います。

保育園の先生がついていてくださいますし、いつまでも玄関で子供が心配でオロオロしていると泣きやむものもやまなくなります。

子供って意外と冷静なんです。保育園の先生のお話では親の姿が見えなくなると上手に切り替えて教室に入っていくお子さんも多いようです。

ちなみに、ベテランの先生がお子さんが泣いてオロオロしているママさんに「大丈夫ですからお母さんは行ってください!」と言われているのを目にしたこともあります。(数年前は私もこんな風にオロオロしていました・・・)

私の別れ際のルーティン

そういうことで、末っ娘には「元気にバイバイ!作戦」を心がけてきました。現在、私がしているバイバイの方法をご紹介します。


保育園のお迎えの時に先生と「さよなら」を言いますが、娘の保育園ではこんな風にしています。

手を取り合う画像

このように先生と両手をつなき「さようなら、またあした♪」と言います。

そして、先生の「タッチ」という掛け声とともにハイタッチ!

両手をタッチの画像

※写真はイメージです・・・家で再現しました(笑)


そこからヒントをもらい、朝は玄関でこんなルーティンで私と別れるようにしています。

ギュッと抱っこで子供を持ち上げて「いってらっしゃい、がんばって!」とリズムをつけて言います。

娘は「マ・マ・も!」

時にはふざけて「い・や・だ」と言うことも(笑)

その後、娘をおろして、両手でタッチ!


あとは振り返らずに玄関から離れます。(少し大きくなってからは振り返って手を振ることもありますが、決まって私が見えなくなるまで寂しそうな顔をしています。)

それでもいろんな日があります

うまくいく日ばかりではありません。

それでも泣く日もあれば、このルーティンをしたがらない日もあります。

そんな時も冷たいようですが「ママもお仕事がんばってくるから○○ちゃんも保育園がんばってね」と言って、先生に「お願いします」と頼み、さっと園を出ます。(振り返りません!)

娘のことが気になりますが、そこは先生を信頼して、仕事に集中!

迎えに行ったときに担任の先生に朝の様子をきくと、「すぐに泣きやんで、お友達と遊んでいましたよ」と言われることが大半です。

まとめ

特に年齢が小さい場合、泣くのは当然。お子さんがきちんとママの愛情を受けて成長されている証拠だと思います。

大きくなっても不安定な時期もありますし、年長さんになっても泣くこともあるかと思います。

でも、ママは一貫して元気にバイバイ!ママもお仕事がんばるからね、というスタンスが一番良いと思います。

そして先生に感謝ですね。

今はまだ小さくて・・・というママさんも年少さんくらいになると笑顔でバイバイできる日が来ると思います!

元気に笑顔でいるママが子供も一番好きだと思います。働くことに誇りを持ってキラキラ輝いていきたいですね。(←理想です)

親子のイラスト

~関連記事~

スポンサーリンク