オール電化工事をしたら、働くママに嬉しいことがいっぱい!

我が家は築13年です。建売住宅を購入したので契約時にはすでに給湯器やコンロも設置されていて、それらはともに都市ガスでした。

ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換しました!」の記事の中にもあるのですが、今から10年ほど前、ちょうどオール電化工事が加速してきたころ、光熱費を抑えるためにオール電化工事を検討したことがあります。その時には国か自治体から補助金がもらえたので、とても魅力的だったのですが、まだ入居して3年しか経っていなかったので機器がもったいないということで見送りました。

最近になってお風呂のシャワーがぬるいお湯しか出ないという切実な状況になったので、思い切ってオール電化工事をすることにしたんです。

スポンサーリンク

オール電化工事後の光熱費の試算

お風呂のシャワーの調子が悪くなり、まず家電量販店へ行きました。家電量販店といってもリフォームも手掛ける福井県発祥のとても大きな有名店です。知り合いの多くがこの家電量販店でオール電化工事をしていたので、安心感もありました。

そのお店のリフォームコーナーで相談。まずはオール電化工事をしたときの光熱費のメリットについてお話を聞きました。

オール電化にするので、ガス代がなくなります。電気代には新たに給湯器やコンロ(IHクッキングヒーター)の分が上乗せされますが、ガスの基本料金なども考慮すると、光熱費はトータルで安くなるそうです。

その浮いた分でローンなどを組み、リフォーム代を払っていけるのがオール電化工事の魅力なんです。もちろん、支払いが終われば、その分が家計にプラスとなります♪

光熱費のイメージ画像

じゃ、いったいいくら光熱費が安くなるの?

すでにオール電化工事をした知人は、とにかく「光熱費が安くなったよ~!」と口を揃えて言うので期待してしまいます。

私が住んでいる地域のほとんどは北陸電力と契約をしています。電力自由化が始まりましたが、この地域では他のサービスが少ないことと、北陸電力は他と比較しても安いようなので契約を変更する人はあまりいないそうです。我が家も北陸電力と契約を続ける前提で見積もりをしてもらうことにしました。

その家電量販店と北陸電力は提携ができているそうで、家電量販店経由で北陸電力の担当者の方が我が家の電気の使い方(夜が多いとか)に基づく最適プランでの電気代の予測を算出してくださいます。

ここで条件があります。我が家の場合、北陸電力のプランで電気代が一番割安になるプランにするためには、以下のオール電化工事が必要になります。

  • ガスコンロからIHクッキングヒーターに交換
  • ガス給湯器をエコキュートに交換
  • エアコンを100Vのものから200Vのものに交換

これらの工事をしたとして、過去1年分のガス代をメモ書きで店員さんにお渡しし、トータルで光熱費がどうなるのかを算出してもらいました。

結果は・・・
なんと一年間をみた時に、平均で17,000円/月もお安くなるとのこと(驚!)

我が家の光熱費のイメージ画像なんだかちょっとお恥ずかしいですが、我が家の光熱費を大公開してしまいました(笑)。
ちなみに暖房は、もともとエアコンとガスの暖房機を使用していたので灯油代はかかっていません。

さて次は、オール電化工事をしたときの機器代と工事費の見積もりになります。この家電量販店でそのままローンが組めるので、光熱費が浮いた17,000円で無理なく支払いをしたいところです。

ちなみに北陸電力の電気代が一番割安になるプラン(我が家の場合)は、エルフナイト10プラスというプランでした。

残念ながらこのプランは2016年7月末で新規加入はできなくなるそうです(泣)。代替えプランがあるようですが、少し割高になるらしいです。北陸電力でなくても夜間の電気代がお安いプランは多くあると思いますので、詳しくは各電力会社さんにお問い合わせください。

ちなみに、エルフナイト10プラスとは時間帯別に電気料金が設定されたもので、昼間は留守が多く、夜に電気をたくさん使用する家庭向けとなっています。

平日(月~土)

  • 朝夕(8時~10時、17時~22時)
  • 昼間(10時~17時)
  • 夜間(22時~8時)

休日(日曜日)

  • 朝夕(8時~22時)
  • 夜間(22時~8時)

ざくっというと、夜間の電気代が朝夕の約1/3に、昼間の電気代が朝夕の約1.5倍に設定されています。

さらにこれにプラスして別に割引プランがあり、冬場(12月~4月分)には電気代を20%割引してくれるそうです!(エルフVあったかプラン)


また、ガス会社への解約の連絡も家電量販店の人が行ってくれるので面倒な手続きも不要でした。

さぁ、これでオール電化工事をする気満々です~!

オール電化工事(機器と工事費)の見積もり

光熱費の試算が思った以上にステキだったので、次は商品選びです。

店頭で展示品を見て店員さんのお話も聞きながら、だいたいの候補は決まりましたが、実際に選んだ機器が家に置けなければ困るので、担当の方が自宅に来てくださいました。

そして、設置スペースの確認や我が家のニーズに合っているかも相談に乗ってもらいながら、商品を選定、最終見積もりをしていただきました。

我が家で購入した商品は以下の3つです。

エコキュート

三菱 SRT-S55UB-E2

(本体見積金額:458,107円、リモコン別)

購入にあたっての重要ポイントですが、うちは5人家族ですので途中でお湯がなくなると困るのでシリーズ最大タンクの550Lは必須でした。

また、外に置くタンクは結構大きいので、そのスペースがあるかということが心配でしたが、なんとかギリギリで置けました。

また、ガス給湯器からエコキュートに置き換えると水圧が落ちるので、シャワーの出が物足りない人が多いそうです。そのため高圧力タイプにしました。

(その他、エコキュートの使い方などは、あとの項目でまとめています。)

IHクッキングヒーター

Panasonic KZ-V563S

(本体見積金額:189,800円)

商品の詳細は「ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換しました!」の記事にもまとめていますが、購入にあたっての重要ポイントは、操作性とお手入れの楽さです。また、オールメタル対応にしたので、従来のお鍋も使えました。

エアコン

三菱 MSZ-EM4016E4S

(本体見積価格:233,900円)

リビングのエアコンを交換しました。200V で14畳用のものにしました。

メーカーはどこでも良かったのですが、店員さんのおすすめもあり性能と価格のバランスを考えて、三菱製にしました。

最終見積もり

費用は、工事費込みで1,240,000円(税込み)でした。すべて家電量販店のサービスで10年保証が付いています。

とってもとっても大きな金額ですが、光熱費17,000円/月が浮くと考えると約6年で元が取れる計算になり、また電気製品そのものが新しくなることも考えると損ではないと考えました。

実際の支払いは頭金を払って、月々12,300円×5年間で支払い完了する予定です。(ここの量販店のローンは5年間までは無金利なんです。)

これで、計算上は平均5,000円ほどの光熱費が家計にプラスになり、5年後には17,000円がまるまるプラスになるんですね~♪

すっかりテンションが上がっています♪

ちなみに工事自体は丸一日(9:00~17:00頃)で終わり、その日からお風呂にも入れました。

オール電化工事のメリット

こんなに大出費をしながらのオール電化工事ですが、実際に工事の後に感じたメリットをご紹介します。

光熱費が安くなる

先にも書いたように、我が家の光熱費はガス代+電気代でしたが、オール電化工事により電気代のみになります。

ガスを解約するのでその分も安くなりますし、電気代はガスを使っていたときの給湯器とコンロよりお安くなる計算です。

特にうちのプランは22時以降が電気代が安くなるので、食洗機や洗濯機も予約タイマーを使い、なるべく22時以降に動かすようにしています。


そして、オール電化工事をして最初の月の電気代のお知らせが届きました。

6月分:電気代13,214円

前年6月切は、光熱費合計が、28,874円(電気代10,724+ガス代18,150円)だったので、15,660円も減ったことになります♪

これからエアコンを使う季節ですが、どうなるか楽しみです。

お料理&片付けが楽になる

以下の記事にまとめていますが、今回の工事で私が一番嬉しかったのは、IHクッキングヒーターです。とってもお料理と片付けが楽になりました。

ついでに今まで火が怖くてお料理をしなかった娘が料理をするようになり大助かりです♪

働くママにとってお料理&片付けというのは少しでも楽に早く作りたいもの。そのお助けを十分にしてくれる、IHクッキングヒーター様だと思います。

お風呂を沸かすのが楽になる

ガス給湯器をエコキュートに交換しました。

そもそもエコキュートとは、深夜の電気代が安い時間にお湯の沸き上げを行い、翌日お湯を使うときに水を足して温度を調整し、お湯を使えるようにしているので、いつでもお湯を使えてさらに電気代が安くなるのが売りの商品です。

工事は、お風呂の外に大きなタンクと室外機を設置し、外壁に穴を空けてお風呂の風呂釜の下に管を通すそうです。大がかりな工事ですが、お風呂の中の変更点はほんの少しです。

以下の画像のように、浴槽に穴を開けてお湯が出てくる場所を設置し、リモコンを付けるだけ。うちは浴槽用の蛇口が不要だと思い、撤去してもらいましたが、一般的にはそのままにしておく方が多いそうです。

お風呂工事説明の画像

ちなみにお湯が出る部分は取り外してお掃除ができます。(その奥の配管は自動洗浄してくれます。)


リビングにも温度調整などをするためのリモコンがついています。

リビングのリモコンの画像

ガスの時には、このリモコンに電源スイッチがあり、給湯器を使う時にON、使わない時には電源をOFFする必要がありました。

それがエコキュートにしたら、電源は24時間入れっぱなしにするので基本的には放ったらかしです。


お風呂を沸かすときは、浴槽に栓をした後、リモコンの「ふろ自動」ボタンを押します。

お湯はりボタンの画像

あとは規定量になれば勝手にお湯が止まり、一定温度に保ってくれます。(初期設定では3時間キープします。)

この「ふろ自動」ボタンはお風呂のリモコンにも付いているので、栓をしたときにお風呂で押してもOK。

ガスの時のお湯はりもリビングにあるリモコンのボタンでできましたが、お湯を止めるのはお風呂に行って蛇口を締めなければならなかったんです。

些細なことですが、毎日のことなので、食事の用意や後片付けをしているときに手を止めて蛇口を締めるのはとても面倒でした。

しかもお湯の量と温度を一定にキープしてくれるので、「冷める~」と言って、急いで入る必要もなくなりました♪

また、リモコンがお風呂にも付いたので、通話ができます。リモコンの「通話」ボタンをどちらかが押せば、呼び出し音が鳴り、そのままハンズフリーで会話ができます。ハンズフリーというのがとても楽です。

子供たち、嬉しくてどうでもよいことをすぐに「通話」で話してきます(笑)。

もっと子供が小さい時にパパにお風呂に入れてもらって「あがるよ~」っと大声で叫んでもらっていたのですが、この機能があれば良かったなぁと思います。

それ以外にも、エコキュートにするとこんなメリットもあるようです。(家電量販店の方のお話です。)

  • お風呂の鏡がくもりにくい
  • 塩素が少なくなるので、白い汚れが付きにくい
  • お湯がまろやかで敏感肌の方にも優しい

また、うちのエコキュートちゃんには以下のうれしい機能があります。

  • フルオートで、お湯はりから保温・たし湯まですべて自動でしてくれる
  • 入浴後、浴槽の栓を抜くだけで自動でふろ配管を自動洗浄してくれる
  • 「ホットあわー」機能で、マイクロバブルが出てくる!お肌のうるおいをキープ♪

ということで、お風呂を沸かすのが楽になった上に温度も一定で快適なバスタイム♪
これから子供たちが成長して、家族の帰りが遅くなってもノープロブレムです。

外出する時の安心感が違う

ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換しました!」の記事に詳しく書いているのですが、万一、料理をしていて切り忘れた場合も安心です。

ガスコンロの時は、火を消してもなんとなく心配で、外出するときに何度も確認していたのですが、IHクッキングヒーターに交換してからはその心配はナッシング♪

また、給湯器も、今までは寝る前と朝の支度が終わった後に電源ボタンを切っていたのですが、その必要はなく24時間電源は入れっぱなしでOKです。

出かけるときは照明とエアコンだけ切っていけば良いので、とっても安心です。

震災時の復旧が早い

こちらも「ガスコンロをIHクッキングヒーターに交換しました!」の記事にも書いているのですが、実は、夫は阪神淡路大震災の被災者で、私の友人は東日本大震災の被災者、熊本大地震は夫が単身赴任していた地であり知人が多くいます。とても辛いことでしたが、その方たちのお話を伺うとやはり電気は一番復旧が早いということでした。

いつ震災が起こるかわからない昨今、この件も大事なポイントになると思います。

終わりに

以上が我が家のオール電化工事の体験談ですが、お住まいの地域や電気の利用状況によって違いはあると思いますが、働くママに嬉しいことがいっぱいなので、私はオール電化工事をして心から良かったと思っています。

特にIHクッキングヒーターは大正解でした♪

この際だからエアコンも思い切って10年間内部のお掃除をしなくても良いものを買っちゃいました!毎日がんばっているんだからいいですよね~、って自分に言い訳(笑)

ムーブアイのついた三菱エアコンです♪センサーで人がいる場所を感知してくれます。快適です♪

そして、浮いた光熱費でローンが払い終わったら、こっそりへそくりを貯めて大好きな福山雅治さんのライブ資金にしてやる!と心に決めている私です(ハート)。

~関連記事~

スポンサーリンク